世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区で、相続人・親族がいない、おひとりさまの葬儀・相続を総合サポート

豊富な知識と経験を持つ相続・遺言専門の

自由が丘行政書士事務所

電話受付 平日9:00〜18:00
土曜9:00〜15:00
※日・祝日は予約フォームをご利用下さい

■事前予約により日・祝日も相談可

お問合せ・ご相談のご予約

03-3366-3975

相続財産って何?

相続財産になるもの、ならないもの

相続財産の代表的なものは、現金や預貯金、マンションなどの建物や土地(不動産)です。その他には、株券(株式)、国債などの有価証券、ゴルフ会員権、自動車、貴金属、骨董品、家財なども相続財産に含まれます。また、借地権、著作権、特許権などの権利も相続財産となります。

これに対して、被相続人が生前に購入した墓地や墓石、仏壇や仏具などは相続財産に含まれません。ただし、財産的価値が高いもの、例えば、金で作られた木魚などは相続財産の対象となる可能性が高いといえます。

ちなみに、香典や弔慰金は、社会的儀礼としての性格があり、喪主や遺族に対して贈られるものですので、相続財産には含まれません。

高額な骨董品などの財産的価値が高いものは
相続財産に含まれる

社会的儀礼とする範囲の香典などは相続財産に
含まれない

亡くなる前に銀行預金から引き出したら相続財産にならない??

それは間違いです。現金として相続財産になります

よく聞く話ですが、亡くなる前に預貯金をおろしておいたら相続財産にならないのではということですが、それは間違いです。預貯金が現金に変わっただけのことですので、現金として相続財産になります。

事実として、亡くなる前に預貯金を引き出すことによって、銀行での相続手続きは不要になるかもしれませんが、その後、遺産分割する際に揉める原因になってしまいます。

万が一、相続税の申告が必要な場合において、間違った知識のもと、預貯金を現金化しておけば相続税申告をしなくてもよいとして、タンス預金にしていると財産隠しになってしまいますので、注意が必要です。

<無料相談受付中!> お問合せ・ご相談のご予約

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3366-3975

電話受付時間  平日:9:00〜18:00

        土曜:9:00〜15:00

■日・祝日は予約フォームをご利用ください

※ご相談はすべて事前予約制です

相談受付中

03-3366-3975

ご相談は事前予約制です!

ニュース&コラム

日頃のニュース、相続や遺言に関するコラムを掲載しています。

ニュース&コラムはこちら

よくあるご相談

遺言や相続に関して、よくある相談をまとめてみましたので、ご参考されてはいかがでしょうか。

よくあるご相談はこちら

事務所案内

自由が丘行政書士事務所

03-3366-3975

電話受付時間

平日:9:00〜18:00
土曜:9:00〜15:00

※ご相談は完全予約制

住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-17-17 新宿シティ源共同ビル5F

事務所案内・アクセス

お問合せ・ご相談の予約

主な出張相談地域

東京都
(世田谷区・目黒区・中央区
千代田区・文京区・新宿区・港区・品川区・大田区・
渋谷区・新宿区・杉並区・
豊島区・中野区など)

神奈川県横浜市
(青葉区・都筑区・港北区・緑区など 東急田園都市線・東横線沿線)

神奈川県川崎市
(高津区・宮前区・麻生区・幸区・川崎区など、東急田園都市線・東横線沿線)

その他、小田急線沿線、京王線沿線、JR線沿線など。