世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区で、相続人・親族がいない、おひとりさまの葬儀・相続を総合サポート

豊富な知識と経験を持つ相続・遺言専門の

自由が丘行政書士事務所

電話受付 平日9:00〜18:00
土曜9:00〜15:00
※日・祝日は予約フォームをご利用下さい

■事前予約により日・祝日も相談可

お問合せ・ご相談のご予約

03-3366-3975

相続に関する用語集

相続に関する用語集

相続欠格

相続人が被相続人を殺害したり、遺言書を偽造・変造・隠匿するなどの違法行為をした場合、相続の資格を失うことをいいます。

相続人の廃除

相続人が被相続人に対して、虐待や重大な侮辱を行ったり、相続人に著しい非行がある場合に、被相続人の意思に基づき、家庭裁判所で廃除の審判により、相続人の相続権を剥奪することをいいます。

胎児

民法上、胎児はすでに生まれたものとみなされるため、相続権があります。ただし、胎児が死産した場合は相続権が否定されてしまいます。

養子

養子は、実子と同じく相続権があります。養子には普通養子と特別養子があり、普通養子は、養親と実親の両方を相続することができます。

特別養子は、家庭裁判所の審判によって養子縁組が成立すると、養子と実親との親族関係は終了してしまいますので、実親に対する相続権は亡くなります。

非嫡出子

非嫡出子とは、法律上、婚姻関係にない男女の間に生まれた子をいいます。これに対して、法律上、婚姻関係にある男女の間に生まれた子を嫡出子といいます。

非嫡出子が父親を相続するためには認知してもらう必要がありますが、非嫡出子にも相続権はあります。ただし、非嫡出子の相続分は、嫡出子の1/2となります。

代襲相続

代襲相続とは、相続すべき子がすでに死亡しているとき、又は相続欠格や相続人の廃除などの理由によって相続人の権利を失った場合に、その子(孫、曾孫など)が親に代わって権利を承継することをいい、代襲相続する人を代襲相続人といいます。

<無料相談受付中!> お問合せ・ご相談のご予約

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-3366-3975

電話受付時間  平日:9:00〜18:00

        土曜:9:00〜15:00

■日・祝日は予約フォームをご利用ください

※ご相談はすべて事前予約制です

相談受付中

03-3366-3975

ご相談は事前予約制です!

ニュース&コラム

日頃のニュース、相続や遺言に関するコラムを掲載しています。

ニュース&コラムはこちら

よくあるご相談

遺言や相続に関して、よくある相談をまとめてみましたので、ご参考されてはいかがでしょうか。

よくあるご相談はこちら

事務所案内

自由が丘行政書士事務所

03-3366-3975

電話受付時間

平日:9:00〜18:00
土曜:9:00〜15:00

※ご相談は完全予約制

住所

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-17-17 新宿シティ源共同ビル5F

事務所案内・アクセス

お問合せ・ご相談の予約

主な出張相談地域

東京都
(世田谷区・目黒区・中央区
千代田区・文京区・新宿区・港区・品川区・大田区・
渋谷区・新宿区・杉並区・
豊島区・中野区など)

神奈川県横浜市
(青葉区・都筑区・港北区・緑区など 東急田園都市線・東横線沿線)

神奈川県川崎市
(高津区・宮前区・麻生区・幸区・川崎区など、東急田園都市線・東横線沿線)

その他、小田急線沿線、京王線沿線、JR線沿線など。